フレキュレルに配合されているトラネキサム酸

トラネキサム酸はアミノ酸の一種!

フレキュレルに配合されているトラネキサム酸はアミノ酸の一種で抗炎症・抗アレルギー効果や止血効果を持っていうます。

 

もともとは湿疹・じんましんの治療や出血を止める目的などで長く医療の現場で用いられていました。

 

フレキュレルに入っておるトラネキサム酸ってどんな成分?

 

シミ治療薬、化粧水などにも使われるトラネキサム酸

 

トラネキサム酸は、1979年に肝斑の改善効果が報告されたことで、肝斑の治療としても使用されるようになりました。

 

現在では、成分含有量に差はありますが、

 

  • 肝斑改善を目的にした薬
  • シミ、そばかす治療のための内服薬
  • 美白効果を謳った化粧水

 

なども登場しています。

 

シミに効くメカニズム

 

紫外線を浴びると、シミの素であるメラニンを作り出す細胞「メラノサイト」の周りにある肌細胞から、メラニンを作らせる情報が伝達されます。

 

トラネキサム酸は、その情報の中に含まれるシミ発生物質「プロスタグランジン」などをブロックし、メラニンの生成を抑えてシミ、そばかすを防ぎます。

 

肝斑にも有効

 

肝斑が発症する一因として、メラノサイトの活性化が挙げられます。

 

その原因のひとつであり、肝斑の発症に影響があると考えられるのが、タンパク質分解酵素「プラスミン」です。

 

トラネキサム酸は抗プラスミン作用を持ち、メラニンが作られる前の段階でメラノサイトの活性化をブロックします。

 

それにより、肝斑の発症を抑えると考えられています。

 

つまり、シミができる初期の段階からシミが作られるのを防ぐのです。

 

ただし、肝斑の発症には女性ホルモンが少なからず影響していると考えられています。

 

トラネキサム酸は女性ホルモンの乱れを修正する作用があるわけではありません。

 

フレキュレルに入っておるトラネキサム酸ってどんな成分?

 

このような成分をしっかり配合しているフレキュレルは、そばかす対策の強い味方ですね。

 

フレキュレルの公式サイトはこちら

 

トップページはこちら